IndieRocker

洋楽インディーロックを中心に紹介するブログ

2018

Tangled Hair - We Do What We Can | 穏やかな歌ものマスロック

投稿日:2018-12-31 更新日:

UK・ロンドンを拠点とする3人組の1stアルバム。9曲42分収録。Tangled Hairは、Vo/GtのAlan Welshがかつて所属していたColourの解散後に開始したプロジェクト。開始当初はAlan一人でしたが現在は3人編成になり、2枚のEPをリリースして満を持してのアルバムリリース。

レーベルはModern BaseballやGulfer、Tiny Moving PartsにCaspianなどのエモリバイバル~マスロック勢、最近ではThe Get Up KidsにAmerican Footballの新作もリリースするUKのBig Scary Monsters。

音を一言で表すなら”穏やかな歌ものマスロック”。流れるようなギターワークはPeleやtoeなどのテクニカルなポストロックバンドを想起させますが、一方で、変則的なフレーズは00年代初頭の新世代DCハードコアサウンドも引き合いに出したくなるハイブリッドなサウンド。

ただ、Faraquetのようにソリッドでストイックな音でもなく、Q and not Uほどトリッキーな音作りではありません。エモやマスなフレーズを取り入れていながら、極端に尖ってはおらず、伸びやかなボーカルを乗せる聴きやすいインディーロックとなっています。

前身のColourを知らなかったので、この機会に聴いてみましたが、マスなフレーズに歌を乗せるスタイルはColourも同じ。こちらの方がTangled Hairよりメロディはポップで、大衆ウケは良さそう。合わせてどうぞ。

CDリリースは日本のみ。国内盤は名古屋のエモ、ポストロック、エレクトロニカを中心に販売するレコードレーベル&ショップStiff Slackから。

-2018
-, ,

関連記事

Mae - Multisensory Aesthetic Experience

Mae - Multisensory Aesthetic Experience | 進化する美メロ

2003年のデビュー作「Destination: Beautiful」でCopelandとともに美メロ系エモの先駆けとして、名を馳せたMae(メイ)。3枚のアルバムをリリース後、2010年に活動休止し …

Algernon Cadwallader_st

Algernon Cadwallader - S/T | エモリバイバル立役者のレアトラック集

エモリバイバル・ムーブメントの立役者で今なお根強い人気のあるAlgernon Cadwalladerのレアトラック集。2018/12/14にLauren RecordsとAsian Man Recor …

best_0f_2018

海外メディア年間ベストアルバム2018

12月に入り、海外メディアも2018年の年間ベストアルバムを発表し始めたので、それぞれ上位10位までをまとめました。自分の年間ベストを決めた人も、決めていない人も、音楽をあまり聴かなかった人も、世の中 …

charmer_charmer

Charmer - Charmer | 若きミッドウエストエモバンド

Apple Musicでエモいバンドを聴いていたら「同じタイプのアーティスト」とレコメンドされて辿り着いたアメリカ・ミシガンのエモバンドCharmerによる1stアルバムCharmer (2018)。 …

Everywhen_Summer Singles

Everywhen - Summer Singles | 遅れてきたエモリバイバル

日本でも根強い人気があるAlgernon CadwalladerやPrawnなどエモリバイバル界隈のメンバーからなる4人組による4曲入りEP。2018/10/26リリース。フィジカル(12inch)は …