2018

解散前のラストEP Minus the Bear - Fair Enough

投稿日:

12月に解散するシアトルのインディーロックバンドMinus the Bearによる4曲入りEP。前作から引き続き、地元シアトルのSuicide Squeeze Recordsから10/19にリリース。

ハードコアを出自としながら、テクニカルなギターにシンセサイザーを組み合わせたユニークな音楽性が人気を博し、日本にも3回来たことのある彼らの最終作品。4曲18分、残念ながら「集大成」と呼べるほどのボリュームはありませんが、バンド後期の円熟した音作りが現われた作品となっています。

#01は歌詞にもメロディにも哀愁を感じる失恋ソング。”Fair Enough (それでいいよ)”と何やら察してしまうタイトルですが、前作「Void」制作時に書かれた曲で、深い意味はないそうです。#02は軽快なテンポで進行する彼ららしい疾走感のある曲。彼ららしいギターが唸る間奏を挟むのが泣けます。#03は2nd「Menos el OSo」を思い起こさせるミドルテンポの佳曲。フェードアウトで終わるのが感慨深いですね。#04は「Voids」に収録された曲のリミックスで、Now,NowのドラマーBradley Haleによるプロジェクト、Sombearが手掛けています。

バンドは12月まで行われるフェアウェルツアーを以て17年間の活動に幕を下ろします。メンバーの今後の活動予定は未定とのことですが、何かしらの形でまた活動してくれることを期待します。

-2018

関連記事

Mae - Multisensory Aesthetic Experience

進化する美メロ Mae - Multisensory Aesthetic Experience

2003年のデビュー作「Destination: Beautiful」でCopelandとともに美メロ系エモの先駆けとして、名を馳せたMae(メイ)。3枚のアルバムをリリース後、2010年に活動休止し …

Everywhen_Summer Singles

遅れてきたエモリバイバル Everywhen - Summer Singles

Summer Singles by Everywhen 日本でも根強い人気があるAlgernon CadwalladerやPrawnなどエモリバイバル界隈のメンバーからなる4人組による4曲入りEP。2 …

no image

海外メディア年間ベストアルバム2018

2018年も12月に入り、各メディアも今年の年間ベストアルバムを発表し始めたので、ここでまとめておきます。自分の年間ベストを固めた人も今年は音楽をあまり聴かなかった人もおいしいところだけつまんで聴いて …