IndieRocker

洋楽インディーロックを中心に紹介するブログ

2018

エモリバイバル立役者のレアトラック集 Algernon Cadwallader - S/T

投稿日:2018-12-19 更新日:

エモリバイバル・ムーブメントの立役者で今なお根強い人気のあるAlgernon Cadwalladerのレアトラック集。2018/12/14にLauren RecordsとAsian Man Recordsからリリース。同時に最近では入手の難しかった1st, 2ndアルバムも再発されています。

2012年にバンドは解散しているものの、メンバーは現在Hop AlongやEverywhenで活動中。音はCap’n Jazz、初期Joan of Arcの疾走感にアルペジオを多用したキラキラしたギター、Tim Kinsellaのようなのヨレたボーカルが特徴。

本作はEPやスプリットに未発表曲、The Beatles”This Boy”とElvis Costello”No Action”のカバーを収録。トラックリストは下記。

01. Second Rate Machines
02. Breath Wish
03. Look Down
04. Sailor Set Sail
05. Shirt
06. Serial Killer Status (Unreleased Version)
07. Katie’s Conscious (Unreleased Version)
08. Spit Fountain
09. Fun
10. Foggy Mountain
11. Black Clouds
12. I Wanna Go To The Beach
13. Responsible Party
14. Simulation
15. This Boy (The Beatles)
16. No Action (Elvis Costello)

01-05 > Demo [EP] (2006)
08-13 > Fun [EP] (2009)
14 > Summer Singles [Split] (2011)

1stアルバムのリリースが2008年、2ndアルバムが2011年なので、1st前後の音源ですね。編集盤ということでファンディスク的な色合いが強いと思いがちですが、軽視するのはもったいないクオリティ。

個人的には、彼ららしくはないですが、インストポストロック系の風合いを感じる”Sailor Set Sail”と1stの”Motivational Song”のワチャワチャ感に似ている”Simulation”が一推し。

もちろん本作から聴く必要はないですが、オリジナルアルバムを聴いて気に入ったら本作もチェックはマストでしょう。

-2018

関連記事

best_0f_2018

海外メディア年間ベストアルバム2018

12月に入り、海外メディアも2018年の年間ベストアルバムを発表し始めたので、それぞれ上位10位までをまとめました。自分の年間ベストを決めた人も、決めていない人も、音楽をあまり聴かなかった人も、世の中 …

charmer_charmer

若きミッドウエストエモバンド Charmer - Charmer

Apple Musicでエモいバンドを聴いていたら「同じタイプのアーティスト」とレコメンドされて辿り着いたアメリカ・ミシガンのエモバンドCharmerによる1stアルバム「Charmer」。 バンド名 …

Tangled Hair - We Do What We Can

穏やかな歌ものマスロック Tangled Hair - We Do What We Can

UK・ロンドンを拠点とする3人組の1stアルバム。9曲42分収録。Tangled Hairは、Vo/GtのAlan Welshがかつて所属していたColourの解散後に開始したプロジェクト。開始当初は …

Everywhen_Summer Singles

遅れてきたエモリバイバル Everywhen - Summer Singles

日本でも根強い人気があるAlgernon CadwalladerやPrawnなどエモリバイバル界隈のメンバーからなる4人組による4曲入りEP。2018/10/26リリース。フィジカル(12inch)は …

Minus the Bear - Fair Enough

解散前のラストEP Minus the Bear - Fair Enough

12月に解散するシアトルのインディーロックバンドMinus the Bearによる4曲入りEP。前作から引き続き、地元シアトルのSuicide Squeeze Recordsから10/19にリリース。 …