IndieRocker

洋楽インディーロックを中心に紹介するブログ

2018

Mae - Multisensory Aesthetic Experience | 進化する美メロ

投稿日:2018-12-02 更新日:

2003年のデビュー作「Destination: Beautiful」でCopelandとともに美メロ系エモの先駆けとして、名を馳せたMae(メイ)。3枚のアルバムをリリース後、2010年に活動休止しましたが、まもなく2013年には再結成。

本作は再結成後のアルバムとして、解散前にリリースした3枚のEPのコンパイル盤に次ぐ2作目。通算で5枚目、古巣Tooth & Nail Recordsからのリリース。アルバムタイトルはバンド名の由来と同じく、ドラムのJacob Marshallが大学時代に唱えた理論から。

一部メディアからは「ピアノエモ」と呼ばれていますが、今作はそれほどピアノ感はありませんでした。そもそも、最近ピアノ感あったっけ?とこれまでのアルバムを聴き直しましたが、前作の最後の曲は13分超のピアノインストでしたね…。

今作はストリングスやエレクトロニクスが多様されており、これまでの作品より聴かせる内容。スケールはこれまでの作品より大きく感じました。もはや「エモ」というより「インディーロック」と呼ぶ方が適当でしょう。Dave Elkinsの温かみのあるボーカルを聴くと、Death Cab For CutieのBen Gibbardに近い感じがしました。

これまでの作品の流れを汲むような曲は上に置いた”Let It Die”だと思いますが、このアルバムを象徴する曲となると、”Kaleidoscope”か”Our Love is a Painted Picture”だと思います。ジャケのセンスは相変わらず良し。ちなみに、アナログはパープル&クリアの2枚組です。

-2018
-,

関連記事

Minus the Bear - Fair Enough

Minus the Bear - Fair Enough | 解散前のラストEP

12月に解散するシアトルのインディーロックバンドMinus the Bearによる4曲入りEP。前作から引き続き、地元シアトルのSuicide Squeeze Recordsから10/19にリリース。 …

charmer_charmer

Charmer - Charmer | 若きミッドウエストエモバンド

Apple Musicでエモいバンドを聴いていたら「同じタイプのアーティスト」とレコメンドされて辿り着いたアメリカ・ミシガンのエモバンドCharmerによる1stアルバムCharmer (2018)。 …

Everywhen_Summer Singles

Everywhen - Summer Singles | 遅れてきたエモリバイバル

日本でも根強い人気があるAlgernon CadwalladerやPrawnなどエモリバイバル界隈のメンバーからなる4人組による4曲入りEP。2018/10/26リリース。フィジカル(12inch)は …

Algernon Cadwallader_st

Algernon Cadwallader - S/T | エモリバイバル立役者のレアトラック集

エモリバイバル・ムーブメントの立役者で今なお根強い人気のあるAlgernon Cadwalladerのレアトラック集。2018/12/14にLauren RecordsとAsian Man Recor …

Tangled Hair - We Do What We Can

Tangled Hair - We Do What We Can | 穏やかな歌ものマスロック

UK・ロンドンを拠点とする3人組の1stアルバム。9曲42分収録。Tangled Hairは、Vo/GtのAlan Welshがかつて所属していたColourの解散後に開始したプロジェクト。開始当初は …