IndieRocker

洋楽インディーロックを中心に紹介するブログ

2019

Lightning Bolt - Sonic Citadel | 彼ら史上最もメロディ重視?のノイズロック

投稿日:

米ロードアイランド州プロヴィデンス出身のベース&ドラムのデュオによる4年ぶりの7thアルバム。11曲53分。アルバムのアートワークは今作もドラムのBrian Chippendaleの手によるもの。

ポストロック~インスト界隈を漁っていくと、同じデュオ編成のHella(こちらはギター&ドラム)と並んで名前を見かけるであろうLightning Bolt。どちらも「狂っている」「ドラムの手数が多い」という共通点はあるものの、その音楽性は異なります。ひたすら乾いたドラムが鳴るHellaと異なり、ギターばりのベースがギュインギュイン鳴るのがLightning Bolt。あえてノイズというカテゴライズをするなら、Lightning Boltの方がそれに近いかもしれません。

彼らの曲は万人受けはしません。最初聴いても「何だこれ」で終わってしまう人が大多数だと思います。まさに「オルタナティブ」な音楽なわけですが、個人的にはハマるかどうかは、彼らの曲にメロディーを見出すか、そのメロディーに高揚感を感じるかどうかだと思っています。

そういう意味では、最初に聴くアルバムは比較的キャッチ―なことは大事なので、「Lightning Bolt史上最高にポップ」と言われる今作は入門編として向いているのかも。まあそもそも、何を以てキャッチ―かというところですが…。ちなみに、私はHypermagic Mountain (2005)を聴いてLightning Boltにハマりました。

で、アルバムの中身ですが、イントロからDeath From Above 1979っぽさを感じさせる”Air Conditioning”、繰り返されるフレーズがクセになって聴いているうちにテンションが上がってくる”Big Banger”、比較的まともなボーカルが聴けてポップな”All Insane”、ラストを飾るのは、9分超とアルバムで最も長く、最もカオスな”Van Halen 2049″と聴きやすく?も彼ららしい曲が並んでいました。確かにこれまでの作品の中では最も大衆?ウケしそうなメロディが多いように感じましたが、どうでしょう。

個人的にはおすすめのアルバムを順位づけると、Hypermagic Mountain (2005)→Wonderful Rainbow (2003)→Ride the Skies (2001)という感じですが、本作から聴き始めるのも全然アリだと思います。


-2019
-, ,

関連記事

best_of_2019

海外メディア年間ベストアルバム2019

年を越したので遅ればせながら、2019年の海外メディアの年間ベストアルバムTOP10をまとめました。個人的に気になる有名どころだけピックアップしています。 Pitchfork アメリカの音楽ニュース、 …

Jay Som - Anak Ko

Jay Som - Anak Ko | ブレイク必至のインディー女子

2017年のデビュー作Everybody Worksが高い評価を受け、2019年のフジロック出演で日本での知名度も上がったMelina Mae Duterteのソロプロジェクト、Jay Somの2nd …

Mineral - One Day When We Are Young

Mineral - One Day When We Are Young | エモレジェンド20年ぶりの新曲

90年代後期に現れ、活動期間は短いものの、その後のエモシーンに多大な影響を与えたバンド、Mineralによる新曲を収録したブックアルバム。音源のフォーマットは10インチで2曲13分収録。ブックレットに …

I Love Your Lifestyle - The Movie

I Love Your Lifestyle - The Movie | スウェーデンのエモリバイバル

北欧はスウェーデンという安定の良メロディ産出国で2016年にデビューアルバムをリリースしたエモ界の新星、本作は3年ぶりにリリースされた2ndアルバムThe Movie (2019)。 パンキッシュな音 …

Tiny Moving Parts - Breathe

Tiny Moving Parts - Breathe | 歌心のあるエモ×マスロック

USミネソタ出身のエモ~インディーロックバンドの7枚目のアルバム。兄弟、従兄弟の3人組からなるファミリーバンド。2008年に自主制作アルバムをリリースして以来、だいたい2年おきコンスタントにアルバムを …