算命学とはどのような占いなのか?

あなたは算命学という占いを知っていますか?
その歴史は古く中国で4000年前に作られたと言われています。
その背景には当時の中国の皇帝が天下を治めるために陰陽師に研究をさせて陰陽五行を土台に人体星図と陰占宿命という算命学独自の表を作成し、干支を重ねる事で運命を占う占いです。
算命学は知らなくても天中殺という言葉は聞いた事がある人もいるのではないでしょうか?
天中殺とは算命学に出てくる言葉なのです。

中国での歴史は古いですが、日本に伝来したのは遅く、日本では戦後になって伝わりました。
ただ算命学は陰陽語学の思想と占術としての運命学の技術が必要となるために膨大な理論を使用します。
そのため先祖や子孫を三代目まで占う事が出来るのですが、算命学を習得するのは難易度が高く時間がかかるでしょう。
占いというよりも人間探究学問と考えられていて「人はどのように生きてどのように死ぬべきが?」の命題の答えを導く事が出来るのです。
代表的な東洋占いであると同時に、海外でも強い関心が寄せられている学問でもあります。

算命学は人間も自然界の一部と考え命を数字に置き換えて計算する事でエネルギーを計算します。
そしてこの計算で出た数字をもとに占います。
運命とは自然がその人を必要として役割があり、役割がなくなると自然がその人を淘汰するとされています。
つまり人間とは役割を持って生まれてきて、その役割を果たし、役割が終われば運命も終わるという事ですが淘汰という言葉がちょっと怖いですよね。

あなたも自分の運命とは何かを算命学で考えてみませんか?

タロット占いや電話占い

占いという言葉を聞くと、やはりタロット占いのイメージはかなり強いのではないでしょうか。
様々な神秘的な絵柄が書かれたタロットカードを使って行うタロット占いは、特に占いというものについてのイメージが強いですよね。
タロット占いでは、タロットカードを使ってその人の運勢だったり、自分が気になる人の運勢を占うというものです。

タロットカードを並べて、偶然出てきたように見える絵柄を組み合わせて、そこからメッセージを受け取るというのがタロット占いの目的になります。
タロットカードの構成は、大アルカナといわれる22枚のカードと、小アルカナといわれる56枚のカード、その78枚のカードから成り立っています。
種類によっても異なりますが、大アルカナだけを使って行う占いもありますし、小アルカナを交えて行う占いもあります。
そのあたりは、タロット占いをする占い師の人によって変わってくるようです。

タロットカードで重要なのは絵柄もそうですが、その絵柄がどのような向きで出てくるかということが関係してきます。
正位置であればポジティブなメッセージとして受け取ることができますが、逆位置であればネガティブなメッセージにもなります。

タロット占いは占いとしての代表的な神秘的なイメージがありますが、逆にそれが体験しにくいというハードルを上げてしまう原因になってしまっているかもしれません。
占いを体験してみたいけどなかなか踏ん切りがつかないという場合には、電話占いという方法もあります。

電話占いは、実際に占い師の人のところまでいかなくても、電話を使って遠隔で相談をすることができるというものです。
電話といっても、声を使って実際に相談をするのですから、自分の悩みを的確に伝えることができるでしょう。
自分の悩みを解決するために、占い師の人からのヒントを受け取りたい人は、占いを試してみるのも良いかと思います。
自分のスタイルに合わせて、対面での鑑定か電話占いかを考えてみてください。

電話占いは無料から始めてみよう

電話占いは便利な反面、初めてだと不安も少しありますよね。
便利な点は自宅にいながら自分の好きな時間帯に占ってもらえるという点です。
ただし対面の占いとは違い顔が見えないから占いの質が落ちてしまうのではなんて心配に思う人もいるかもしれません。
しかしながら顔が見えないという安心感もあるでしょう。
人の目を見て話すと緊張してしまう、相談の内容によっては自分のプライドが傷つけられる、そんな場合は顔を見られる事に抵抗を感じるかもしれません。

また占いの質に関しては実際のところ対面でも電話でも占い師の能力は変わらないのです。
凄腕の占い師なら占い相手の顔が見えない事は占いに何も関係ないからです。遠くからでもオーラなどは視えるようです。
それに話す内容も対面だとその時思った事をそのまま順番に話すという人が多いと思います。
しかし電話の方が時間を意識して話しますよね。

そのため話す内容をメモして、順序だてて話すため相手に相談内容が伝わりやすいというメリットもあります。
もちろんスムーズに話せた場合は料金は分単位の料金制なので価格帯を抑える事が可能です。
料金については補足があります。
電話占いサイトでは初回はお試し価格として無料で鑑定してもらえるサービスがあります。
つまりこのサービスを利用すれば無料で占い師に本格的に鑑定をしてもらえるというわけです。

無料だからどの占い師でもいいと思わずに、無料だから次から有料でも占って欲しいと思える占い師を探しための判断材料として利用して欲しいのです。
なぜかというと占い師とは相性の問題があるからです。
凄腕の当たると評判の占い師だから自分の事もバッチリ占ってもらえるのか?というと残念ながらその保証はありません。
占いに満足出来るかどうかは信頼出来る占い師と出会えるかどうかにかかっていると言えるでしょう。
なので電話占いは無料から始めてみる事をお勧めします。

占いの結果の受け止め方

宿命という言葉からは、なんとなく重々しいイメージを感じてしまうかもしれません。
占い師の人がこの宿命という言葉を聞くとかなり深刻なものを想像してしまいがちかもしれませんが、実際はもう少し軽く受け止めてもいいかと思います。
その人が学生ならば試験を受けなければならないとか、卒業をするために論文が必要というような、そういったレベルの話と考えてみましょう。

宿命という言葉にあまりにマイナスなイメージを持ちすぎて重く受け止めてしまうと、占いの結果に振り回されてしまうことになります。
占いの結果を出されたときに、それをどう受け止めるかというのは人によって変わってくるかと思います。
気休め程度のもので、自分が安心をするためのものと考えている人もいるでしょうし、勇気づけてもらうために必要なものと考える人もいるでしょう。

しかし、その占いの結果の中に悪いものが含まれている場合、考え方はかなり変わってきてしまうようです。
あくまで悪いことが書かれていても、それを反面教師にしてそうならないように気を付けよう、というのが一番良い姿勢かもしれません。
ですが、悪いことが起こるかもしれないといわれている以上、そればかりを気にしてしまうのもまた仕方のないことでしょう。

占いの結果はあまり鵜呑みにしすぎず、それに振り回されないようにすることが一番の活用方法でしょう。
前向きな考え方を与えるというのも、また占いの持つ役割の一つといえるでしょう。

占いの結果だけですべての問題を解決することはできませんが、その問題に対して向き合うためのヒントになりますよね。
何かに悩んでいて、どうにかしたいと思っていても自分ひとりだけではその問題を解決することは難しいものです。
そこで、占いの結果で背中を押してもらうことで、はじめて解決に向かうこともあるのではないでしょうか。

悪い結果にあまりに振り回されてしまうくらいならば、良いことだけを受け止めて、悪いことは無視してしまうという都合の良い受け止め方でも十分に問題はないのです。

Copyright© 2010 本当に当たる占いはコチラ! All Rights Reserved.